イビサ島へ出発する前に大量の資料を読んだ。1654年にイビサ島が開発された当初の名称は“Island of Bes”だったそうだ。Besとはダンスと音楽を通じて神に礼拝する「半神半人」を意味する。そこからイビサ島は「ダンスと音楽の天国」として世界中から観光客が押し寄せる島になった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。