約束の時刻ちょうどに、チャイムが鳴った。会話が止み、室内が静まり返る中、湯河が鷲津を招き入れた。同行者は三人いる。「ようこそおいで下さいました」生駒が先頭を切って声をかけた。「資源エネルギー庁長官の生駒です」「お目にかかれて光栄です。サムライ・キャピタルの鷲津と申します」鷲津はおとなしく名刺交換をしている。湯河と会った時に浮かべた不敵な笑みはなく、卑屈でさえある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。