「右派大学の双璧」──。大学関係者への取材を進めると必ず名前が挙がる二つの私立大学がある。拓殖大学と国士舘大学だ。拓殖大の創立者は、明治から大正時代にかけて3度総理大臣を務めた桂太郎。その桂が、台湾協会会頭として創立した台湾協会学校が拓殖大の前身だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。