久々にほっとするニュースだ。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国際諮問委員会(IAC)が、中韓両国等九カ国一五団体が「世界の記憶」として共同申請した慰安婦資料の登録の見送りを一〇月三一日、正式決定した。彼らの申請資料は二七四四点、慰安婦を「強制連行の被害者」「性奴隷」ととらえて日本を非難するものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。