かつて、日本野球連盟会長を務めた山本英一郎は、都市対抗で3回優勝したチームを「名門」と定義した。現存するチームでは、11回優勝のJX-ENEOSを筆頭に、7回の東芝、3回の日本生命、ヤマハがそれに当たる。その中で、ヤマハの3回の日本一は、全て川島勝司が監督を務めている。都市対抗を3回制した「名将」は川島が初めてで、名門・ヤマハは名将によって築かれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。