まず、第27回鮎川哲也賞を受賞した今村昌弘著『屍人荘の殺人』から。いやはや、面白い。読み始めたらやめられず、一気に読むのがホント、もったいなかった。では何が面白いのか。それを説明するのが難しい。なぜなら、この長編の基本設定を紹介しなければ面白さが伝わらないと思うのだが、それを知らずに読んだ方が絶対に面白いからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。