「多くの読者がいる航空会社の機内誌という特性を考え、『SKYWARD』は写真を分かりやすく、文章も読みやすく、公共性の高い内容を目指していた」とは、元同誌編集長の山口あゆみ氏。一方、「翼の王国」は、十数年前に制作陣をトド・プレスに代えたのを機に、一つのテーマを掘り下げ、書き手の“個性”が出る方向で書いてもらうように方針を変えたという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。