95%以上の人が、三井化学の技術力の世話になっている──。結論を急げば、メガネレンズの材質の話である。メガネに使うレンズは2種類あるが、今日ではガラスレンズよりもプラスチックレンズが主流で、95%以上のシェアがある。その原料となる素材を供給しているのが三井化学なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。