証券口座を開き、株価のチャートを眺めてはみたものの、果たしてこの会社は買いなのか、売りなのか、それ以前に何を判断基準に売買すればいいのか、投資の初心者はよく分からないだろう。そうした迷える投資家たちの判断材料の一つとして参考になるのが、『投資レジェンドが教える ヤバい会社』(藤野英人著、日経ビジネス人文庫)。藤野氏といえば、数々の受賞歴がある日本株の投資信託「ひふみ投信」のファンドマネージャーだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。