新聞紙面に飛び交う話題の財務の用語は幾つかあるが、中でも、「のれん代」あるいは「のれん代の減損」は目にすることが多い。「日本郵政は2015年に買収したオーストラリアのトール・ホールディングスの減損4003億円を特別損失に計上し、最終損益は289億円の赤字」「楽天は海外事業ののれん代減損などで250億円以上の減損」といった形だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。