DPF問題後に就任した槍田松瑩社長は、経営を量から質に変えようと「良い仕事」という考え方を掲げ、それまで定量評価一本だった会社を、自らの存在価値という「新しい定性」で評価することにした。これは一つの革新だったと思います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。