技術立国ドイツが誇りとしてきたディーゼル車。「クリーンディーゼル(clean diesel)」ならぬ「ダーティーディーゼル(dirty diesel)」のレッテルを貼られ、市場から完全に駆逐されるかもしれない。というのも、フォルクスワーゲン(VW)やダイムラー、BMWなどドイツの自動車メーカー5社によるカルテル疑惑が急浮上し、再びディーゼル車がやり玉に挙げられているからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。