あるテーマについて、細かく分解していく過程と結果を示す図。その図を作ることで、本質的な問題が「どこにあるのか(Where)」、その問題はなぜ発生しているのかという「理由(Why)」を解明する。さらに、どのような「解決策(How)」があるかも幅広く考えることができるのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。