第1次世界大戦は、航空機が新兵器となった最初の戦争だった。英国の航空機エンジニアであったフレデリック・ランチェスターは、当時の戦闘状況から、戦力計算において一定の法則を導き出した。「ランチェスターの法則」として知られる同氏の考え方は、企業間競争を考える経営戦略にも応用されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。