政府が6月9日に閣議決定した「骨太の方針(経済財政運営と改革の基本方針2017)」は、財政再建よりも経済成長を重視する姿勢が鮮明となり、経済成長を高めれば財政健全化につながるというシナリオに対しては賛否が分かれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。