雇用・賃金動向を見通す際に最も注目される指標の一つは労働分配率である。企業の人件費負担の重さを示すものとして解釈でき、それが高いほど雇用・賃金情勢は厳しくなる。実際、過去の動きを見ると、労働分配率の動きは雇用・賃金動向に半年から1年程度先行している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。