ネット証券は株取引時の手数料を劇的に引き下げ、投資の大衆化を促した「フィンテック1.0」として、一定の成果を挙げました。ただ、当初はもっとドカンとした成果を期待していたはず。銀行口座や保険などの普及率は極めて高いのに「証券投資」となった途端にやらない人がほとんど。この状態は個人的に“証券界の敗北”だと思っています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。