金融緩和政策から脱却した場合に、経済に対する影響はどのようなものになるか?これを考えるにはアメリカの経験が参考になる。量的緩和第3弾(QE3)の終了が宣言されたのは、2014年10月だ。政策金利は、15年12月に0.50%に引き上げられ、その後の数度の引き上げを経て、17年6月に1.25%になった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。