気まずいはずの晩餐は、思いがけず和やかなムードで始まった。晩餐用の長テーブルの大半が空席という寂しい状況だったが、東海林の上機嫌が、それを吹き飛ばした。テーブルに着いているのは、六人だ。主賓席に鷲津が、正面にホスト役の東海林が陣取った。東海林の両側には、着物姿の粋な女将風の女性とブロンド美人が座っている。ブロンドの隣には前島がいる。そして、鷲津から一席空けた右側に、濱尾が愛想笑いを浮かべて座っていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。