5月25日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアを中心とした非加盟産油国は協調減産の延長で合意した。狙いは原油の世界的供給過剰(global glut of crude oil)の解消による相場回復だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。