世界が注目した5月のフランス大統領選挙の最中、後に大統領に選出されるマクロン氏の行動が話題になった。工場の閉鎖に反対してピケを張る地元ウィルプール社の工場に赴き、「隣のプロクター&ギャンブル社は9割を海外で売り上げて雇用を守っている。グローバル化からは誰も逃れられない」と従業員に言ってのけたのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。