2000年代半ば、柳井正は、世界中を行脚していた。「脱ユニクロ」という掛け声の下、本気で海外企業の買収に動いていたのだ。一つは、「ユニクロの限界が頭をよぎっていた」(ファーストリテイリング関係者)からだ。海外でユニクロブランドをスムーズに受け入れてもらうための手段として考えたのが、地元企業の買収だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。