消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革を契機として、永田町で地殻変動が起こっている。消費増税をめぐって政権与党内の対立が鮮明となる中、首相の野田佳彦は野党に接近。自民党の保守本流を巻き込んで、大連立に向けた事実上の「準備協議」に入ったといえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。