人生は病に左右されるもの──。医療が進歩した今日でもいえることなので、戦国時代であれば、誰もがそう思っていたことは容易に理解できる。その病を正しく分析して歴史的人物を解析する学問がある。それが「病跡学(びょうせきがく)」。武将がかかっていた病気を解析すると、歴史の動きの疑問が解きほぐされる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。