「つい強い口調で反論してしまう私の姿勢が、結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」通常国会閉会を受けて記者会見に臨んだ首相の安倍晋三が最初に口にしたのは、「反省の弁」だ。6月19日夕、首相官邸の記者会見場はいつもとは違う緊張した空気が支配していた。強気一辺倒の安倍がなぜ低姿勢に転じたのかは言うまでもない。この日報じられた新聞各紙の世論調査の結果だ。内閣支持率の下落幅はほぼ10ポイント前後。下落率の高い順に並べてみる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。