大型連休が終わると、紫外線量が年間最大の季節がやって来る。紫外線には骨粗しょう症を防ぐビタミンDの合成を促す効果があるが、お肌へのダメージも大きい。そして、単なる日焼けだけでなく、皮膚がんの発症にも紫外線が関わっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。