資金不足が続いた高度成長期までは、間接金融を担う銀行の企業に対する影響力は非常に大きかった。バブル期以降、直接金融の比率が高まるにつれ、往時ほどの影響力はなくなっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。