今年の春、ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所では、ある異変が起きていた。突然、管理職にも“タイムカード”を押すよう人事部から指示が飛んできたのだ。「要するに、ICカードでの出退勤管理ですよね。去年半ばから試験導入して、今年度から完全に義務付け。あくまで管理職の労働時間の実態把握が目的だと会社は言っているのですが……」(ホンダのあるエンジニア)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。