ドナルド・トランプ米大統領は、4月18日、H-1Bビザ発給の規則を変更する大統領令に署名した。ただし、今回の見直しは、H-1Bビザの支給総数を減らす方向のものではなく、選抜方法と条件を変更しようというものだ。これは、シリコンバレーのハイテク企業の要望にも沿ったものとなっている。この間の事情を説明しよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。