完全統合から4月で丸10年。国内製薬3位の第一三共は、会長CEOに旧第一製薬中山讓治、社長COOに旧三共眞鍋淳の「2頭体制」で新たなスタートを切った。主力製品のパテントクリフ(特許の崖)を迎え、旧社の真の融合なくしては乗り越えられない。薬価引き下げなど外圧も厳しさを増し、正念場を迎えている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。