3月10日、神戸大学の海洋調査船「深江丸」が、昨年10月に続く2回目の鬼界海底カルデラの探査を終えて帰航した。この国に壊滅的な被害をもたらす、「巨大カルデラ噴火」の予測に向けた調査を行うことが目的だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。