世間一般で思われている美術のイメージというのが、あまりにも現実と懸け離れていると感じていました。例えば以前、知人にギャラリーで働いていると言ったら「街中で客引きして中に引き込むの?」と聞かれて。それは絵画商法をやっている悪徳ギャラリーだよ! と(笑)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。