4月にデビューする観光列車の「四国まんなか千年ものがたり」。車両をデザインしたのはJR四国社員の松岡哲也さんだ。これまでにもJR四国が運行する「伊予灘ものがたり」などの観光列車をデザインし、半井真司社長からは“巨匠”と呼ばれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。