エネルギー業界の顔である東京電力ホールディングスの社長人事が揺れている。そもそも社長人事をめぐっては、改革案を議論するための「東京電力改革・1F問題委員会」(東電委員会)が終わった昨年末以降、今年で在任5年となる廣瀬直己社長(64歳。写真)の交代が取り沙汰されてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。