早朝の慶應義塾大学病院には、通用口の外にまで列が連なる。並んでいるのは、製薬会社の社名と氏名が入ったバッジを胸に着けたMR(医薬情報担当者)。病院への訪問は、医師に薬を売り込むためのMR2大営業の一つである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。