17世紀にビーヴァーの毛をフェルト状にして成型した帽子は、黒いダイヤモンドのような価値を持ち、富の象徴だったという。『帽子の文化史』では古今東西の小説、絵画、写真などから帽子に関わる部分を引用し、年代順にその変遷をたどる独特の手法が採られている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。