大平貴之のプラネタリウム作りは10歳(小学4年生)のときに始まった。以来、プラネタリウム開発の第一人者となった今も「多くの人たちに自作の星空を見てもらいたい」という思いは全く変わっていない。 理科や工作が大好き。その代わり、整理整頓などはからきし苦手。そんな風変わりな大平少年はある日、文房具店で小瓶に入った夜光塗料を目にする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。