2017年内に3度の利上げが行われることが16年12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で示唆されたこともあり、米国10年債利回りは節目の2.5%を上回った。トランプ新政権成立後のインフレ圧力と利上げ期待が米国長期金利上昇の主因だが、金利上昇抑制要因となっていた日欧の債券利回り低位安定が崩れた影響も大きい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。