16年は実践の年と位置付け、多くの取り組みを行ってきました。融資事業ではビッグデータを活用した与信判断。運用事業ではロボットによる投資アドバイスを受けられるロボットアドバイザー。それから、仮想通貨「MUFGコイン」による、新たな価値の流通や移転、決済。これらの実証実験などから、これはうまくいきそうだという感覚が分かってきました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。