2008年をピークに人口が減少し始めて、『地方消滅』という書籍も出版され、そうした危機の中で、政権としては地方創生に取り組んできました。日本は明治維新において、地方分権から中央集権体制へと変革を遂げ、近代国家へと脱皮しました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。