1904年12月20日。この年設立された三越呉服店(後の三越)の初代専務、日比翁助が顧客や取引先に送った1枚の書状から、日本の百貨店の歴史は始まった。商品は今後一層その種類を増加し(中略)米国に行わるるデパートメント・ストアの一部を実現致すべく候──。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。