業界再編が一段落し、大手3社による寡占化が最終段階を迎えました。コンビニというビジネスモデルそのものが、変革するタイミングに直面しています。 その背後にあるのは、高齢化社会の到来と、生産年齢人口の減少、そして人工知能をはじめとするデジタル技術の革新という、日本の根底を流れる三つの“濁流”の存在です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。