日本銀行の異次元金融緩和政策は、マクロ経済への影響という点では、効果がなかった。日銀当座預金が増えただけで、経済に流通するマネーストックがほとんど増えなかったからだ。しかし、全く無意味だったかといえば、そうではない。国の負担を軽減するという点では、大きな意味があった。そのメカニズムについて、以下に説明しよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。