「永田町から“策士”が全くいなくなった」。長く自民党の国会対策に関わってきたベテラン職員はこう嘆いた。与野党共に行き当たりばったりの国会運営の果てに臨時国会は2度延長され、15日未明まで意味のない審議を続けた。その結果ようやく統合型リゾート施設(IR)を推進するカジノ解禁法が成立したが、代償はあまりに大きかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。