さまざまな原因によって、耳が聞こえなくなる、目が見えなくなるということが起こり得る。ある程度の機能が残っていれば、それをアシストする補助具(補聴器など)を使って不便をカバーできるが、耳や目に起きた問題が大きく、補助具が助けにならないとき、この困難を乗り越える手段はあるだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。