10月13日に、タイのプミポン国王の崩御が発表された。国家の発展と安定に大いに貢献し、広く国民の尊敬を集めてきた国王だけに、国民の喪失感は大きく、経済に甚大な悪影響が及ぶのではないかとの懸念があった。しかし実際には、国民は総じて平静さを保っており、懸念していたほどの悪影響はなかったようだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。