「散々、振り回された数年間だった」。素材メーカーを含む紙おむつ業界各社は口々にこう吐き出す。2015年ごろまでの2~3年間、日本の乳幼児用の紙おむつ市場には、中国による爆買いによってまさしくバブルが到来していた。「わが子にいいものを使わせたい」という中国人の親心と、メード・イン・ジャパン信仰が相まって、日本製の紙おむつが中国でフィーバーしたからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。