スーパー・準大手ゼネコン共に、最高益ラッシュが止まらない。大規模再開発や東京五輪に伴う建設工事がめじろ押しのためだ。だが、建設従事者の高齢化や人手不足、重層下請け構造といった積年の課題の改革は遅れたままだ。2020年以降、いや応なしに工事量が減少していく中、このままいけば、ゼネコン業界の先行きは危うい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。