「深海底掘削によるダイヤモンドの採取」──。海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市)にいた2010年ごろ、こんな計画を霞が関のお役所に提案したことがある。反応は早く、普段はなかなかお目にかかれないお偉いさんから直接電話があった。 「先生、どれくらいの大きさのものが採れるのでしょうか?」しかし、その高揚は、「0.5ミリメートルくらい」という私の返答で、明らかな落胆に変わった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。