『グッド・フライト、グッド・ナイト』はぜひ夜のカフェや夜間飛行中の旅客機内で読んでほしい。エアバスA320やボーイング747のパイロットである著者の文章は、美しく研ぎ澄まされた音楽のようだ。五感が地球と一体化する。私も自家用パイロット免許を持ち、時に空を飛ぶのだが、これほど飛行の感動、科学と自然と人間の豊穣を的確に、繊細に描いた本はない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。